文字サイズ

自宅を現金化する方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.03.25

自宅という資産を有効活用して、老後資金として生活費などに使いたいと思う人も多いでしょう。

 

その方法として、自宅を担保に金融機関からお金を借りる「リバース・モゲージ」があります。“自宅に住みながら現金化するしくみ”です。商品によって、借りるお金の用途が限られる場合もありますが、老人ホームの入居費用や住宅のリフォーム費用、生活費などに充てることができます。

借りられる金額の限度額は、自宅の担保価値の範囲内で数百万円~2億円程度まで。比較的に価値が高い1都3県の戸建が中心ですが、その他の大都市やマンションも対象としている金融機関もあります。55歳や60歳以上など高齢者が対象で、一般的に年金など安定収入があることが要件です。

 

利息は毎月返済するか、自分が亡くなった後に一括返済するかは金融機関によって異なります。また、借りたお金(元金)の返済は、死後に一括返済が条件。物件を金融機関に引き渡すことで清算する代物弁済を選択することも可能ですが、一般的に不動産市場で売却した方が、金融機関が引き取る金額よりも高くなります。そのため、相続人にできるだけ現金を多く遺したいなら、死後に自宅を売却したお金で一括返済してもらう方がいいでしょう。また、相続人が売却せずに、現金で元金を返済すれば、自宅を引き継ぐこともできます。

 

ただし、変動金利のため、金利が上昇すると利息が想定以上に増えてしまうことは要注意。また、物件が古くなったり不動産の相場が下がると、担保価値も下がってしまいます。その場合、借入可能な限度額が小さくなるため、それ以上に借りていると、途中で元金の一部を返済しなければなりません。

 

多く借り過ぎないことや利用するタイミングを見計らう必要がありますが、自宅を手放すことなく現金を手にすることができるリバース・モゲージは、老後資金が不安な人にとって、心強いしくみといえるでしょう。

この記事を書いた人

田辺南香

田辺南香

ファイナンシャル・プランナー CFPⓇ 上智大学卒業後、情報出版会社を経て、ファイナンシャル・プランナーに転身。心豊かな生活を実現するお金のコンシェルジュとして、アドバイスや情報発信を行う。主な書著「“未来家計簿”で簡単チェック! 40代から間に合うマネープラン」(日本経済新聞出版社)、「隠すだけ!貯金術」「女ひとり人生 お金&暮らしの不安が消える本」(KADOKAWA)。高齢シングル向けの情報サイト「おひとりさまスマイルCafe」を運営。株式会社プラチナ・コンシェルジュ取締役 http://www.pt-con.jp/

この著者の最近の記事

関連記事