文字サイズ

老後資金として生命保険を活用するには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.03.25

老後資金の不足をカバーするために、加入している生命保険を解約して、「解約返戻金」を受け取る方法があります。保険にもいろいろな種類がありますが、活用できるのは終身保険。終身保険は、“万一のこと”(死亡や高度障害)があると保険金が支払われ、一生涯を通じて保障が続く保険です。同様の死亡保障でも、ある年齢までに保障が終わってしまう定期保険や、終身でも医療保険やがん保険など病気に備える保険では、途中で解約しても解約返戻金はほとんど受け取れません。

143_zuhan

 

終身保険はある時期を過ぎると、支払った保険料の総額よりも解約返戻金の方が増えていきます。そのタイミングや解約返戻金の額は、保険商品、加入した時期や年齢、性別、保険料をいつまで払うのか(保険料払込期間)などによって異なります。また、ある年齢まで解約返戻金を低く抑えて、保険料を安くするタイプ(低解約返戻金型)もありますが、その場合は、低解約返戻期間中の解約は通常の7割程度しか受け取れませんので、注意が必要です。詳細は保険証券で確認するか、保険会社に問い合わせてみましょう。

 

終身保険を解約する際の注意点は2つ。

ひとつは、終身保険に入院や手術の医療保障や介護保障などオプション(特約)がついている場合に、解約すると特約の保障も全て消滅してしまうこと。もうひとつは、万一のことがあった場合に、お葬式や死後の整理などの費用として用意していた保険がなくなる点です。一部だけ解約(保険金額の減額)ができる場合もあるので、その時の家計の状況に合わせて検討しましょう。

この記事を書いた人

田辺南香

田辺南香

ファイナンシャル・プランナー CFPⓇ 上智大学卒業後、情報出版会社を経て、ファイナンシャル・プランナーに転身。心豊かな生活を実現するお金のコンシェルジュとして、アドバイスや情報発信を行う。主な書著「“未来家計簿”で簡単チェック! 40代から間に合うマネープラン」(日本経済新聞出版社)、「隠すだけ!貯金術」「女ひとり人生 お金&暮らしの不安が消える本」(KADOKAWA)。高齢シングル向けの情報サイト「おひとりさまスマイルCafe」を運営。株式会社プラチナ・コンシェルジュ取締役 http://www.pt-con.jp/

この著者の最近の記事

関連記事