文字サイズ

お客様の声

<年金>遺族年金請求代行手続き – 兵庫県 女性 K様

昨年、離婚した主人が亡くなり、葬儀を摂り行いました。
遺族年金は貰えないものと思いましたが、調べたところわずかですが可能性はありそうでした。しかしそれを証明するための書類は多岐にわたり、到底自分では出来そうもなく、プロにお願いしようとインターネットで検索し、宮下先生にお願いすることに致しました。
距離的な関係で、やりとりはすべて電話でしたが、丁寧に話を聞いて下さり、時には2時間に及ぶこともあり、電話だけながら信頼関係を結ぶことが出来ました。
戸籍上は籍が抜いてあったこと、住民票が別であったことから、最初、可能性としては3割程ですと聞き、半ば諦めておりましたが、先生のご尽力のお陰で、今年に入り認定通知が届き、涙が出ました。
先生には本当に感謝の気持ちで一杯です。

<年金>遺族年金請求代行手続き – 東京都 女性 K様

私の父が2014年の暮れに他界しました。家庭内の諸事情があり、母は私と同居しており、住民票登録地は父と別となっておりました。
母が遺族年金申請をしようとするまで、それが申請にどのように影響するのかは想像もしておりませんでした。色々と調べていくうちに、かなり受給が難しい状況だと理解しました。
知人のつてで宮下先生に辿り着き、藁をもすがる気持ちで相談にお伺いしました。初めてお会いした際、状況を冷静かつ親身に聞いていただき、直ぐにお任せしたいと思いました。なかば諦めておりましたが、母も私も申請が通る通らないと言う結果とは別の思いがありましたので、何とか申請だけはしたかったのです。宮下先生は私達の気持ちを良く理解して頂き、打ち合わせの際も母の気持ちを最優先にして進めて頂きました。
結果は受給決定となり、本当に感謝しております。良い結果になったので言える事だと思われるかもしれませんが、私たちは結果が厳しいものであっても、納得して気持ちの整理が出来たとお伝えしたいです。(請求者ご子息様)
遺族年金は無理かと半ば諦めかけていましたが、先生にこれまでの経緯を全てお話し、受給の可能性があることがわかりました。諦めずに専門家に相談して、本当に良かったと喜んでおります。(請求者ご本人様)